写真・文 さとうみかを

IMG_1162



園部(そのべ)朝倉神社のご神木大杉さん。

遠くからその姿を確認した瞬間、思わず目を背けてしまう。
足下からぞわぞわぞわぞわっと、ぞわぞわが上がってきて「うわぁ…恐い」と思う。
そのあと「すごい。みたい。」とやっぱり思って、ちらっちらっと少しずつ慣していく。

小道に入り、坂を少し上がるともうその先におられる。

ごくり。

ひと気のまったく感じられない道を静かに入っていくと
黒い羽で胴体が青緑のトンボだけがはらはらと草を揺らして、
苔のやわらかい道がさらに「ここにほんとうに入っていいものか。」と
歩く速度をもっともっとゆっくりにさせる。

小さな手水場にはもう長らく水は汲まれていないようすで
落ち葉の上に蜘蛛の家。

鳥居をくぐると、小さくて今にも斜めにぎぃーと倒れそうなお社がある。
後ろの大杉さんの気配を十分に感じながらお参り。

そして



IMG_1154


どでり〜ん


天保10年(1839)からここにおられるそうで、当時、幹まわりは4.6mだったそう。
落雷などの天災を受けながらも、天保10年から140年あまりの期間に幹まわりが4.4mも
大きくなりました。昭和59年3月 と案内番に書かれてある。

ん?昭和59年?

そうか、じゃあ今は9mよりもっと大きいかもね。
背の高さは約30m。

恐らく落雷の影響で丁度真ん中でふたつに割れているものの、
生命力たっぷりで、しかも立派な枝振りに実際はもっと大きく感じた。
けれど威圧感はなく、素朴で大きなやさしい樹。

朝倉神社
住所:京都府南丹市園部町千妻岡崎7


IMG_1165

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

     

     

archive











  • ライブドアブログ