写真・文 さとうみかを
DSCF0527


近くのようちえん。

じゃりじゃりじゃりっと砂利道を踏んで、
枝がたくさんに分かれた大きな木の下。

ここで立ち止まるといつもさぁーっと風が吹き抜ける。
小道をすすむとこどもたちの声が、キャッ…キャッ…と丸くなって飛んでくる。

もう少しすすむとふわっとひらけて
「またきたんー?」「なにしにきたんー?」とにやにや顔。

今日はねー…と話そうとすると、もう横から横から
「あれぇー髪の毛おろしてるほうがかわいいでぇー」
「なぁ、ペットなんかかってるー?」
「わたしはなぁ、ハムスターといぬかってるでー」
「さきちゃんとこはなぁー…」

会話が飛んでとんで繋がって、着地したかとおもえばケンカして
仲直りしたかと思えば、また口をとがらせて。
楽しいやらかなしいやらがくるくるくるくる回っている。



DSCF0599


竹で作られたプールや、木のブランコ。
今日は木でできたケータイ電話もあった。



DSCF0548


「くりのイガイガがおちてるからこのへんいたいねん。」
と言いながらもずっとみんな裸足。

くりのイガイガが刺さってぎゃーんと泣いてもそれでもまだ裸足。
たくましい。




S0850805


こういうのがぴらっと落ちていたり。
なにがあったのかなぁ。




DSCF0594


くくく。




S0321038


絵を描こう。
そうそう、このために来ました。

見たことがない色もあったみたいで、「この色すてきー」と叫びながら
ぐんぐんパレットの上でまぜるまぜる。
あっという間にパレットが一色になるのね。




S0371047


かわいいのたくさん描けました。

でも、台風が来るまえに完成させたかったのにな。
まあいっか。寄り道ばかりも発見だらけでたのしい!


つづく





Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

     

     

archive











  • ライブドアブログ